返済金額計算


借入額、返済日数、金利より毎月の返済金額を計算します


  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

返済期間計算


借入額、返済金額、金利より毎月の返済期間を計算します


  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

借入可能額計算


返済回数、返済金額、金利より毎月の借入可能額を計算します


  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

カードローンを初めて利用する前にお読み下さい

カードローンを人生で初めてご利用される方の為に、カードローンの審査を申し込む具体的な方法から、実際のお金の借り入でまでの流れをわかりやすく解説させていただきます。


カードローンの審査を通過するには収入と個信が大切

カードローンの申込をしたからといって、必ずしも審査を通過することができる訳ではありません。残念ながら申込をしても審査を通過することができない人もいます。そこで審査を少しでも通過するには、主に二つのポイントが発生しています。

一つ目は収入になっており、多額の収入を確保している人は銀行や消費者金融に好印象を与えやすいです。そして収入が多いことで、多額の融資を実施した場合でも遅延や滞納を発生させる確率が減ります。このように他の方よりも安定感が全然違っているので、このように審査に良い影響を与えやすくなっています。

二つ目は個信になっており、個信にキズが付いていないかが重要になります。遅延や滞納をしてしまうと個信に悪い影響を及ぼす恐れが出てきます。そこで個信が重要になっており、キズがついている人はリスクの高い人物として判断されやすいです。その結果、審査を通過するのが難しくなるのでこのように個信も大切です。

どちらも問題ない場合は、かなりの確率で審査を通過できる可能性が高まります。

返済日を理解した中でカードローンを利用すること

多くの人がカードローンを利用する時、融資に注目しがちになります。確かにお金を借りることは大切なのかもしれませんが借りたお金は、少しずつ返済しなくてはいけません。そこで返済日をきちんと理解しておけば、遅延や滞納を発生させないで済みます。そして安心してお金を返済できるようになるので、とても重要なポイントです。

カードローンを提供している銀行や消費者金融によって、どのような返済日に設定されているのか異なっています。人によってどのような返済日が最適なのか異なっています。そこで給料日後が返済日になっているカードローンは、安心して返済しやすいです。逆に給料日前が返済日に設定されているカードローンは、お金がない状況が発生しやすく、遅延や滞納のリスクが高まるので気を付けないといけません。

このようにカードローンの返済日に注目することで、自分にとって最適なカードローンなのか見極められます。そして無理なく融資を受けられるのか判断することが可能です。

PAGE TOP